花

キクの魅力と育て方について把握しよう

知りたい情報はココにあります

花

正しく育てよう

キクを育てると決めたのであれば、基本の知識は蓄えておきましょう。初心者でも問題なく育てられますし、土づくりから挿し芽までを覚えるだけで大丈夫です。また、開花期が終わった後の対応などもコチラで学べます。時にはちょっとしたコツが要りますが、基本を押さえれば難しくありません。

READ MORE
園芸用品

鉢植え専用のキク

ポットマムを始め、植物の正しい育て方には日当たりが重視されます。こちらのページでは適した土や水やり、それから肥料の与え方などを紹介しています。短日植物として知られるキクですが、まだまだ謎は多いものです。その全貌を明らかにしていきましょう。

READ MORE
キク

疑問を解決しよう

最近では、キク用土なども市販されています。こちらで土の選び方などを知っていきましょう。また、よくある質問をまとめているので、一度目を通しておくと良いです。

READ MORE

経験者の声を聞いてみよう

初心者でも大丈夫

ガーデニング初心者です。キクの育て方は簡単だと聞いてチャレンジしてみました。キク用土や液体肥料などを使用しているので、とくに手間もかかりません。挿し芽をすれば増やすのも楽なので、毎年のように美しい開花が楽しめています。

魅力を教えます

品種も様々であるキクは、色やサイズにも個性があります。どんな花が咲くのかワクワクしながら育てているので、毎日の生活も楽しめます。大輪の為には芽摘みや誘引も重要なようで、手をかけてあげればあげるほど期待に応えてくれる花だと思いますよ。

効率よく増やす方法

我が家では、夏に咲く菊を沢山増やしています!キクって本当に優秀な花ですよね。うちでは開花を終えた秋頃、それから3月の春頃に株分けすると上手くいきやすいです。大切なのは、花が完全に咲き終わるまで待つことです。

半日陰を好む植物

植物を育てる際には日当たりが大事だと言われていますが、私が大好きなシュウメイギクは半日陰の方が適しています。他の植物と同じように育てていると弱るので、これから育てる人は注意してくださいね。

ダブルの効果があります

キクを始め、植物を健康的に育てるには肥料や殺虫剤が欠かせませんよね。最近では、肥料と殺虫剤が一緒になったものも販売されています。わたしも愛用しているのですが、使い分けるのが面倒な人にオススメです。

愛されている花

ガーデニング

育てやすい花

キクは日本人に馴染み深い花と言えますが、時にはポットマムと呼ばれる事があります。品種改良されたキクに関してはそういう名称がついています。中国で誕生し、多年草に分類されます。耐暑性が高く、比較的育てやすいと言えるでしょう。知名度の高いキクは魅力も凝縮しています。

基本を知っておく

色はもちろん、花形の種類も豊富です。日本でよく目にするのは中菊や小菊でしょう。キクは短日植物なので、昼は明るく夜は暗い環境を整えてあげます。また、日当たりはもちろん、風通しの良い場所に置いてあげる事も大切です。上手な育て方は沢山ありますが、これらは基本中の基本です。

様々な品種が楽しめる

秋や冬に開花するキクもあれば、夏に咲くキクもあります。品種が多く、年間を通して楽しむ事が出来る花だと言えるのではないでしょうか。品種改良は国内でも行われており、その場合は和ギクとも言われています。

定期的な水やり

キクを始め、植物を上手に育てる為には水やりが重要となります。土の表面がカラカラに乾かないように、定期的な水やりを行いましょう。鉢底から水が溢れるくらいたっぷりとあげるようにします。

肥料の重要性

育て方に関する本やサイトには、肥料の大切さが書かれる事が多いです。通常の土や水のみでは補えない栄養が含まれているのです。初めから土と肥料が混ざったものもありますし、水やりの際に混ぜて使う液体肥料も人気が高いと言えるでしょう。季節によっては肥料を薄めた方が良い事もあるので、そうした点も考慮しながら選ぶと良いです。